爪の形のコンプレックス

爪を伸ばそう

 

ネイルアートを楽しむには爪の形を綺麗にケアしておく必要が

 

特に手の爪は目立ちやすい部位であり、人によって形は大きく異なります。爪にコンプレックスを持っている人も多く、手先美人になりたいなと感じる人は少なくないでしょう。ではどうすれば爪のコンプレックスをなくして美しい手先を手に入れることができるのでしょうか?

 

爪の形に関するコンプレックスは人によって異なりますが、爪が丸いのが気になるという人は多いです。

 

ネイルをする上で縦長の爪の方が、ネイルしやすく綺麗に生えます。そのため爪が丸くて短いと感じる人はジェルネイルやスカルプチュアなどで爪の長さを出すのが、コンプレックス解消には一番おすすめです。ジェルネイルもスカルプチュアネイルも爪の長さがなくてもOKなので行いやすいデザインです。

 

ポイントはハイポニキウム

 

ジェルやスカルプチュアを付けないのであればある程度爪の長さを維持した方が、縦長の爪になれるでしょう。爪の白い部分を3~5㎜程度伸ばせば、爪の組織であるハイポニキウムもしっかりと成長するので、丸い爪から卒業できるでしょう。ハイポニキウムは爪の裏側にあり、この部位がしっかりと成長すれば爪の割れも防ぐことができます。

爪の長さを伸ばすことで、爪の形を丸から縦長へと成長させることができるでしょう。また平たい爪もコンプレックスに感じる女性は多いです。平たい爪はマニキュアを塗るときは非常に塗りやすいのですが、カーブのある爪を望む女性は多いです。